「ほっ」と。キャンペーン

誕生日だった

私は月に一度、概ねバースデーカードを書いて過ごす日がある。
紅茶とお菓子を机に置いて、お気に入りの音楽をMacで流し、
一枚一枚手書きをする。
これは、私にとってお客様に思いを巡らすことのできる
とても大切で幸せな時間なのである。
何もできない私でも、
とりあえずバースデーカードだけは書いているということである。

そして昨日は自身のバースデーであった。
はて、私は何歳になったのだっけ?
普段、歳を気にせず生きていると、
自分が幾つだったのか忘れる瞬間がある。
あ、あぁ〜…そうだった…。
うん、随分生きてきたな。
e0103439_2154427.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2014-02-11 21:05 | つぶやき
<< じわり 都知事選 >>