「ほっ」と。キャンペーン

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

久しぶりにアートスフィア(今は銀河劇場だね)で芝居を見てきました。リリー・フランキーさん原作の「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」です。とても親しみやすい感動大作でした。劇中使われている曲も「ダブリンの鐘つきカビ人間」でテーマ曲を歌っていた瓜生さんが担当していて、すこし懐かしくもある旋律だったしね。しかし なんといっても、ちょっと「おふくろ」の事を考えさせられてしまった事がこのお芝居の凄い所なのかもしれないなぁ。・・・久しぶりに「おふくろ」と飲むかな。
e0103439_1395978.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2007-07-11 01:40 | つぶやき
<< 森は生きている その2 お姉さん >>