カテゴリ:つぶやき( 620 )

スモポピ観た

昨日、新宿シアターサンモールで上演されている
Studio Life公演「THE SMALL POPPIES」を観て来ました。
主な登場人物の年齢設定は5歳!
5歳を演じた次シーンでは大人を演じていたりして、忙しくも面白そうな演出。
さらにお話もとても可愛い内容で、凄く好感のもてる作品でした。
舞台がオーストラリアということもあり、私は観ながら
かつて学生時代にオーストラリアへホームステイしたことを
強く思い出していました。
登場人物の一人に英語の解らないカンボジア出身の子がいて、
英語がわからないままホームステイしていた自分と妙に重なったりして…。
それにウォンバットやカンガルーやアデレードといった言葉や、
BGMでちょいちょい流れる洋楽’80のヒットナンバーが、
あの頃の私に誘ってくれました。
ああ、もう一回いきたいなぁオーストラリア。
さてさて、あなたはこの作品どう観る?
e0103439_12032530.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2017-06-22 12:05 | つぶやき

スズメ

先日、信号待ちで停車していた私の車にスズメが降ってきた。
そのスズメは激しくフロントガラスにぶつかったかと思うと、
定位置で動いていなかったワイパーの上に転がった。
ぶつかった音にびっくりして目を丸くしている私の目の前で、
そいつはしばらく身悶えしてから起きあがり、
まるで枝にとまるかのようにワイパーにとまった。
ほどなく信号がかわり、車が動き出しても、
その子は飛び去るわけでもなく、進行方向に顔を向け、
ワイパーの上に留まり続けた。
特に怪我をしている様には見えないが、なぜ降ってきたのだろう?
カラスにでも追われたのかしら…、そんなことを考えながら私は車を運転し続けた。
速度を上げた車は、都会の風を切り、そのスズメの羽毛をはためかせた。
その光景はまるでジャガーのエンブレムのようであった。
私はほっこりとした気分になり、目を細めた。
奇しくもスズメとのドライブを楽しむことになったのだ。
目的地に到着してもそのスズメは留まり続けていた。
しかし、もっと近くで様子をみようかと、私が車を降りた瞬間、
スズメは飛び去ってしまった。
フロントガラスに白いぶつかった後だけを残して。
東京の午後の不思議なひと時であった。
e0103439_22371213.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2017-06-12 22:38 | つぶやき

慰労会と筋肉と

先日、エッグスタンドの慰労会が萩尾先生の主催で行われた。
私は出演者ではなかったが、顔なしとはいえチラシのモデルになったのと、
「花うさぎ」のイラストの修正を行ったから…という理由で参加させてもらった。
おかげで、普段あまり摂ることのない栄養たっぷりの食事とお酒を
ごちそうになってしまった。
いやはや、先生、ありがとうございます!
この会の前日まで舌先に出来ていた腫れ物が、翌日きれいになくなり、
栄養バランスのとれた食事の大切さを痛感した次第です。

ところで、この食事会といい、先日の朗読会といい、
劇団の若手に会う機会が、最近多くあったが、
みんなムキムキになってきた気がする。
楽屋にスポーツジム顔負けのダンベルなどが置いてあったから、
それらを使って身体を鍛えているのだろうなぁ。
これはあの方の影響が多分にあるのだろう。
しかし、筋肉量が増えるビルダーな喜びは理解出来るが、
女性役を演じる時、どうするのだろう? などと、
ちょっと心配になったりもする私がいる。
e0103439_20450768.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2017-05-25 20:47 | つぶやき

武蔵浦和

先日、友人と武蔵浦和で呑んだ。
千葉からわざわざ武蔵浦和まで行って、呑む。
武蔵浦和って…、我ながらこのロケーション選択は、しぶい。
で、呑む前に駅周辺の白幡沼あたりを“おい散歩”
まぁ、至ってフツーの街かな。
その後、録画してあった新海誠監督のアニメ映画
「秒速5センチメートル」にこの街が登場していて、ちょっと親近感。
こうなったら浦和に七つある駅を全て降りてみるのもよいな。
え?最近「浦和美園駅」ができて八つの浦和がついた駅があるって?
むむう、奥が深いな、浦和って。
e0103439_15544939.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2017-04-05 15:55 | つぶやき

ダチュラ

ダチュラの花。
これを見ると田中一村を思い起こす。
なんともいえない独特な雰囲気のある花だ。
いつか奄美へ行こう。
e0103439_20091090.jpg
3/11鎮魂

[PR]
by midnight-maker | 2017-03-11 20:13 | つぶやき

エッグ・スタンド観た

泣いた。
エッグ・スタンドを観て…。
原作も読んでいて、結末が解っているのに泣ける、
なんでだろうなぁ。
物語の人の想いが伝わるのだな。
熟熟、当時の戦争のことを考えると悲しい気持ちになる。
しかも、かの戦争は現在もなお続く不幸の線上にある。
ああ、世界中の人が仲良くなればよいのに…。
そう願わずにはいられないね。
e0103439_09381754.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2017-03-04 09:39 | つぶやき

チョーきれい

病院で大腸にカメラを入れてきました。
私、健康にはそれほど自信がないが、
酒は嗜む程度でタバコはやらないし、
ここ1、2年は大きな風邪も引いていないので、
そんなに心配はしていなかった。
しかし、健康診断で再検査が出たため、
腸にカメラを入れる羽目に。がびん!
私、自分の腸の中を見るの初めて。
お腹をぐるぐるかき回されるし、
いっぱい中身を出さなければならなかったりで、
すごい大変だったけど、
異常もなく一安心。
腸の映像それ自体は興味深かったですね。
そして案外きれい。
しかし、もう2度とごめん。
あ〜、ご飯食べよう。
e0103439_17520541.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2017-02-27 17:52 | つぶやき

Birthday

毎月、月ごとに書いているclub LIFEのバースデーカード。
先日、翌月分のカードの手書きメッセージを書きあげ、
Studio Life事務所に納入しに行ったついでに、
私宛に届いたバースデーカードや誕生日プレゼントを
持ち帰ってきました。
ついでにチョコや年賀状なども
シャンパンや限定ワイン、高級チョコ、
前回イベントの写真や手紙&ハガキなどなど…。
公演に出ていない私に、忘れずに送ってくださった方、
其の節はまことにありがとうございます。
感謝感激でございます。
今後も、ほとんど趣味のようになった
バースデーカードの手書きを続けま〜す。

ぺこり
おいかわけん
e0103439_15522226.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2017-02-19 15:54 | つぶやき

男児用

最近、デニムを購入した。
私に合うサイズがなかなか見つからず、ず〜っと探していたのだ。
で結局、巷で売っている男性用の服は
私には合わないという結論に達し、
女性物のデニムの中から少しでも中性的なデザインの物を購入した。
同時期、パンツも探していたのだが、
やはり同じ理由で私に合うサイズはなく、
結局、ジュニア(男児)用で手を打った。
ガキっぽいデザインの中から少しでも大人っぽい物を選択してね。
なんか、イレギュラーに小さい身体のせいで、
無駄に苦労している気がするぜ。
悩める中年男性ここにあり、だ。ぶつぶつ…。
e0103439_18005621.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2017-02-06 18:01 | つぶやき

「この世界の片隅に」観た

先日「この世界の片隅に」を観てきた。
戦時中の呉が舞台のこの作品。
私の祖母が米戦闘機に銃撃された話を思い出した。
祖母はその時のことを恨みのように語っていたが、
私は思った。
兵士でもない民間の女性を銃撃しようとする、若い米飛行兵。
おそらく戦争などなければ、米本国でごく普通に暮していたであろう青年が、
戦争により、ときには狂ったように、若い女性にまで銃弾を浴びせ掛けたのだろう。
もっとも、防空も侭ならぬほど戦況を悪化させた、当時の軍部や政府の責任。
なんだか色々割り切れないものがこみあげ、
考えさせられる良い作品でした。
ところで、呉が舞台の作品ということで、
金さん(山﨑さん)と話がしたくもなった。
実は彼とはよく呑みに行くのだが、
この話はまたの機会にしよう。ふふ
e0103439_18072952.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2017-01-30 18:10 | つぶやき