カテゴリ:つぶやき( 627 )

アーロイちゃん

最近、ものすごくハマっているゲームがある。
タイトルは「HORIZON ZERO DAWN」
その主人公の名前がアーロイ。
妹の購入したPS4を借りて、プレイしまくっている。
大雑把にいうと、大自然の中で機械を狩っていくゲームだ。
私は普段から、自然の中で虫を見つけたり、花の写真を撮ったり、
釣りをして、未知の生き物と触れあったりすることが好きだから、
このゲームにとても惹かれるのかもな。
というわけで仕事をしていない時は、
もっぱらアーロイちゃんな日々です。
さぁ、ひと狩り行こう。
e0103439_21192196.jpg


[PR]
by midnight-maker | 2017-10-30 20:24 | つぶやき

はみだしっ子

10/20、池袋の東京芸術劇場 シアターウエストで開幕した、
舞台「はみだしっ子」を観てきました。
少年の心の軌跡がよく描かれていて、
優しくて切ない、Studio Lifeらしい作品でした。
逃げずに、腐らずに、曲がらずに、まっすぐに生きるのは
大変なことなんだ。
そうして何かを諦めたり、許容したりして
大人というものになっていくのかしら…

これから11/5の千穐楽まで、無事に努められますように。
e0103439_11462076.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2017-10-25 11:47 | つぶやき

その日 寒暖差が大きかったせいか、おきたら喉に痛みが。
午後には同期の楢ちゃん達と呑みに行く予定だったのだが、
それもキャンセルして自宅療養。
それから2週間、初期の風邪に似た症状に悩まされ続ける。
微熱にいやな痰。
仕事には支障が出なかったものの、2週間って…。
いやはや、いいかげん、もう年だね。
秋になって、暑かったり、急に寒くなったりする今日この頃。
皆様もご自愛くださいませ。
e0103439_10173234.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2017-10-10 10:18 | つぶやき

しょうちゃんの一日

久しぶりに芝居屋風雷紡の芝居を観に行った。
タイトルは「しょうちゃんの一日」
狭山事件の芝居屋風雷紡版ということで、昭和なお芝居でした。
何より子供の頃から知っている雪乃が上手になっていて、
おじさんは嬉しいよ。
もう女優さんだね。

さ、次回の観劇は23日のStudio Life公演「卒塔婆小町」だ。
はてさてぇ〜。
e0103439_21432423.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2017-08-21 21:44 | つぶやき

ぼーず

「ぼーず」といっても、私が坊主なワケではない。
たしかに若い頃より薄くなってはいるものの、まだぼーずではない。
このタイトルのぼーずとは、
釣りに行って、魚が釣れなかった時に使う、釣り用語だ。
私、仕事の合間に時々、釣りに出かけたりするのだが、
ココ最近は釣れない時が多い。
時間やコストをかけて行きはするものの、
釣果がないんじゃ、くたびれ儲けである。
ふぅ、なんか釣りが嫌いになりそう…。
e0103439_20400462.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2017-08-18 20:41 | つぶやき

サイフ

新しいサイフを購入した。
何年も使用しボロボロになった、これまでのサイフとはおさらばだ。
しかし新しいこのサイフが手になじむまでには、
少し時間がかかるのだろーなー。
さぁて、このサイフを使って、
これからは、より自分の為にお金を使おう。
e0103439_20142012.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2017-07-14 20:15 | つぶやき

キモい展

キモい展観た。
「キモい展」とは、気持ちの悪い虫や蝙蝠やカエルなどを展示した展覧会だ。
世界三大奇蟲のウデムシやサソリモドキ、
その他タランチュラやミールワームやゴキブリタワー…。
昆虫好きの私でも思わず引くくらい、ううっ、ちゅごい…迫力。
このえげつもない造形の甲殻類を前にすると、
一緒に展示されていた奇妙なカエルや蝙蝠が可愛く見えるね。
なかでも、あのゲジゲジの気持ち悪さといったら、あーた!
おぞけがくるっす。
まったく凄い展示会だ。
東京ソラマチ、スペース634にて7/9まで。
e0103439_20565715.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2017-07-04 20:57 | つぶやき

スモポピ観た

昨日、新宿シアターサンモールで上演されている
Studio Life公演「THE SMALL POPPIES」を観て来ました。
主な登場人物の年齢設定は5歳!
5歳を演じた次シーンでは大人を演じていたりして、忙しくも面白そうな演出。
さらにお話もとても可愛い内容で、凄く好感のもてる作品でした。
舞台がオーストラリアということもあり、私は観ながら
かつて学生時代にオーストラリアへホームステイしたことを
強く思い出していました。
登場人物の一人に英語の解らないカンボジア出身の子がいて、
英語がわからないままホームステイしていた自分と妙に重なったりして…。
それにウォンバットやカンガルーやアデレードといった言葉や、
BGMでちょいちょい流れる洋楽’80のヒットナンバーが、
あの頃の私に誘ってくれました。
ああ、もう一回いきたいなぁオーストラリア。
さてさて、あなたはこの作品どう観る?
e0103439_12032530.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2017-06-22 12:05 | つぶやき

スズメ

先日、信号待ちで停車していた私の車にスズメが降ってきた。
そのスズメは激しくフロントガラスにぶつかったかと思うと、
定位置で動いていなかったワイパーの上に転がった。
ぶつかった音にびっくりして目を丸くしている私の目の前で、
そいつはしばらく身悶えしてから起きあがり、
まるで枝にとまるかのようにワイパーにとまった。
ほどなく信号がかわり、車が動き出しても、
その子は飛び去るわけでもなく、進行方向に顔を向け、
ワイパーの上に留まり続けた。
特に怪我をしている様には見えないが、なぜ降ってきたのだろう?
カラスにでも追われたのかしら…、そんなことを考えながら私は車を運転し続けた。
速度を上げた車は、都会の風を切り、そのスズメの羽毛をはためかせた。
その光景はまるでジャガーのエンブレムのようであった。
私はほっこりとした気分になり、目を細めた。
奇しくもスズメとのドライブを楽しむことになったのだ。
目的地に到着してもそのスズメは留まり続けていた。
しかし、もっと近くで様子をみようかと、私が車を降りた瞬間、
スズメは飛び去ってしまった。
フロントガラスに白いぶつかった後だけを残して。
東京の午後の不思議なひと時であった。
e0103439_22371213.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2017-06-12 22:38 | つぶやき

慰労会と筋肉と

先日、エッグスタンドの慰労会が萩尾先生の主催で行われた。
私は出演者ではなかったが、顔なしとはいえチラシのモデルになったのと、
「花うさぎ」のイラストの修正を行ったから…という理由で参加させてもらった。
おかげで、普段あまり摂ることのない栄養たっぷりの食事とお酒を
ごちそうになってしまった。
いやはや、先生、ありがとうございます!
この会の前日まで舌先に出来ていた腫れ物が、翌日きれいになくなり、
栄養バランスのとれた食事の大切さを痛感した次第です。

ところで、この食事会といい、先日の朗読会といい、
劇団の若手に会う機会が、最近多くあったが、
みんなムキムキになってきた気がする。
楽屋にスポーツジム顔負けのダンベルなどが置いてあったから、
それらを使って身体を鍛えているのだろうなぁ。
これはあの方の影響が多分にあるのだろう。
しかし、筋肉量が増えるビルダーな喜びは理解出来るが、
女性役を演じる時、どうするのだろう? などと、
ちょっと心配になったりもする私がいる。
e0103439_20450768.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2017-05-25 20:47 | つぶやき