「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

女郎蜘蛛

e0103439_20541654.jpg

女郎・・・って。
子供ながらにこの蜘蛛の名前には
淫らな印象をもっていたものだ。
事実、大きく目立つ網を張る、大きな個体はすべて雌だ。
草むらを歩くときなど、
私もしらずに彼女の網にひっかかってしまうときがある。
しかし「ああ、網を壊してごめんなさい・・・」
と優しく手を差し伸べてはいけない。
彼女は僅かに毒をもっているのだから。
人が噛まれてもほとんど問題はないとしても・・・。
[PR]
by midnight-maker | 2013-05-30 21:06 | おいけん昆虫記

テスト勉強のよう

毎日、テスト勉強のように台詞と向き合っています。
ぶつぶつ・・・。
e0103439_9443418.jpg

水が垂れたように生育しているサボテンに花が咲いていた。
[PR]
by midnight-maker | 2013-05-29 09:46 | リヤの三人娘

渋谷ジャン・ジャン

渋谷ジャン・ジャンとは2000年まで存在した、かつての伝説的な小劇場。そして「リヤの三人娘」はこの劇場で上演されることを想定して書かれたもの。今回、楽園という小劇場で上演されるワケだが、この劇場、下北沢を劇場の街にした本多さんがジャン・ジャンを模して造られた劇場だそうで、客席の造りなどがジャン・ジャン同様の2方向になっている。というわけで今回の演目にはピッタリ。しかも本多さんのお眼鏡にかかったプログラムのみ上演するとかしないとか。いずれにしても、今回の制作サイドはこの劇場で上演できて喜んでいるのだ。
一方私は残念ながら渋谷ジャン・ジャンに足を踏み入れることはなかったのだが、このような形で舞台に立つことができるのは幸いかな。
e0103439_20285383.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2013-05-28 20:34 | リヤの三人娘

笑うゼットン

王子小劇場でトツゲキ倶楽部というカンパニーの「笑うゼットン」
なる舞台を観てきました。

ああ、そうだった。
ゼットンはウルトラマンを倒してしまうのだった。
正義の味方ウルトラマンをやっつけるという内容の子供番組って、
今思うと確かに制作側の野心を感じるなぁ。

舞台はそつなく面白かったです。
小劇場のかつてのにぎわいがそこにはありました。
明日、28日までやっていますよ。
e0103439_9562225.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2013-05-27 09:57 | つぶやき

アオオサムシ

e0103439_910235.jpg

金属光沢の構造色が美しいアオオサムシ。
関東では普通に見られる虫ということなのだが、私は初めて見た。
尊敬する故手塚治虫氏の治虫というペンネームは
この虫の名が由来しているのだ。
しかし撮影したこの個体は、全体に赤ぽかったな。
亜種なのかもしれない。
撮影地 伊豆修善寺。
[PR]
by midnight-maker | 2013-05-25 09:27 | おいけん昆虫記

電子辞書

ぐぬぅっ、電子辞書が壊れた。
電池を入れ替えても起動せん。
あ〜、私の足りない知識を補う相棒が・・・。
e0103439_9375376.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2013-05-23 09:38 | つぶやき

ヒトツメオオシロヒメシャク

e0103439_862060.jpg

東京のど真ん中にもこのような蛾が生息している。
一眼大白姫尺蠖・・・。
羽の模様が一つ目で、身体が大きく、色が白く、
でもって姫なシャクガ・・・、
ということなのかな? この名前は・・・。
[PR]
by midnight-maker | 2013-05-22 08:16 | おいけん昆虫記

一番若い

今回の「リヤの三人娘」のカンパニーで、私 一番若い。
うれしい。
e0103439_10152933.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2013-05-21 10:16 | リヤの三人娘

何匹いるでしょう?

写真の中には何匹の虫がいるでしょうか?
e0103439_1021769.jpg

スケバハゴロモが2匹、アオバハゴロモが1匹かなぁ・・・。
特に写真中央の水色の虫、
アオバハゴロモが見つけられますでしょうか?
このハゴロモという美しい名前のつけられた虫達は、
植物のしるを吸う、セミに近い仲間なんだよ。
[PR]
by midnight-maker | 2013-05-19 10:29 | おいけん昆虫記

凄い台本

「リヤの三人娘」の脚本は芥川賞作家の奥泉光さん。
奥泉さんといえば、最近、ミステリーコメディー「桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活」がTVドラマ化されたりしている。私から見るともの凄い作家さんなのだ。そんな作家さんの書いた今回の台本、これがとても面白い。しかも凄い。なにが凄いって、紙面中まるごと文字だらけのページがあったりする。ふわ〜。さすが、企画書に「ブルドーザーのような筆圧」と紹介されていただけのことはある。
いやはや、こいつはがんばらねーと。
e0103439_833314.jpg

「リヤの三人娘」
チケット取り扱い▶
http://www.tokyoshakespeare.com
TEL:090-8048-5013
Mail:tudorcats@yahoo.co.jp
[PR]
by midnight-maker | 2013-05-18 08:40 | リヤの三人娘