<   2014年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Macが遅く

最近、私のMacの動作が遅くなってきた。
ネットを見るのも少ーしストレス。
まだ、買ったばかりなのに…。
ぶつぶつ…。
e0103439_10491869.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2014-07-31 10:49 | つぶやき

Back Cindy ゲスト出演

若手公演のBack Cindy。
8/20日ソワレのトークショーにゲスト出演いたします。

当初、18日に出演という発表でしたが、
予定が合わず20日になりました。
18日はJr.1が多く出演する日だったのですが、
仕方がありません。

もろもろお手数おかけします。
よろしくお願いします。
e0103439_3395100.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2014-07-25 03:40 | another

夢の散歩

昨日、河内代表の四十九日があった。
劇団員も多く参加した。

とにかく先の「トーマの心臓」公演は氏の追悼という想いが強かった。
特に私は、トーマのお父さんであるヴェルナー氏と出会うシーンで、
ヴェルナー役の氏とかつて共演していたものだから、
そのシーンの性格も手伝って、必ず代表を思い出していた。
そして祈りにも似た心境で舞台に立っていた。
夢の散歩ー
こう名前のつけられているそのシーン、
私がトーマの心臓で一番好きなシーンだ。
そして、このシーンになると必ず舞台袖のどこかで、
物を落としたりする音が響いていた。
すると私は「ああ、また河内さんが来ているな…」
などと思いながら演じていたものだ。

さて、このヴェルナー氏という役、
今回は私の尊敬する山﨑さんが努めていた。
彼がこのシーンを稽古しているとき、
病床にいるはずの河内さんが覗きにきた事がある。
もう見るからにやせ細っていて、
介助がなければ歩く事もままならない様子で、
正視に耐えない状態だったが、
指導でヴェルナー氏を山﨑さんに演じてみせたとき、
それまでとはうってかわって、
さーっと、歩いていたのが印象的だった。
芝居に人生を捧げた人の
最後の演技指導といった感じで、
私もしばらくあっけにとられてその光景を見ていたのを覚えている。

いずれにせよ、氏の安らかなご冥福をお祈り申し上げます。
e0103439_14325967.jpg

余談になるが、
トーマ稽古中に私の祖母の四十九日もあったし、
今回の公演は、全く…。
[PR]
by midnight-maker | 2014-07-21 14:37 | トーマの心臓

ドラマシティのドラマ2

前回の続き。

で、いろいろあって、Mixチームで
Studio Life初の大阪公演に挑む事になった。
色々あったが、私も気合いを入れてこの公演に望んでいた。
尊敬する先輩である山﨑ユーリに
ぶつかっていくだけであった。

そしてカーテンコール。
お客様からまさかのスタンディングオベーションをいただいた。
客席奥の方からざわざわとお客様が立ち上がって、
そのうち前列のお客様まで立ち上がって、
拍手を送ってくれたのだ。
自身も初の体験で、
それまでの苦労もあったものだから、
ものすごく感動してしまったのを覚えている。
もちろん生涯忘れる事はない。

で、2014年の先日。
11年ぶりのエーリクで
大阪の梅田芸術劇場シアタードラマシティの舞台に再びたち、
そして、あの感動のカーテンコール、
スタンディングオベーションに遭遇する。
もう、またしても、良い歳こいて感動してしまった。
いや良い歳こいたから、涙もろくなったのかもしれないな。
いずれにせよ、お客様に感動をいただいた、といった感じかな。

本当に、この公演を見届けてくださった皆様、
重ね重ね、ありがとうございました。

及川健

e0103439_19421481.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2014-07-17 19:44 | トーマの心臓

ドラマシティのドラマ

          ↓トーマだよ
e0103439_92012.jpg


「詳しくはwebで…」とカーテンコールで言ったので、
ドラマシティの思い出を書きます。

Studio Lifeが初めて大阪公演を果たした劇場がシアタードラマシティだ。
演目は「トーマの心臓」「訪問者」の連鎖公演
2000年から2001年にかけての世紀を挟んだ公演であった。

          ↓オスカーのライター
e0103439_10385633.jpg


あのとき東京公演では「トーマ」が2チーム、
「訪問者」が1チームの計3チームで上演していた。
そして、私はこのときエーリク役、初挑戦。
ユリスモール役初挑戦の海司君と二人して、
山崎ユーリ&深山エーリクの経験者チームに負けないよう
日々、一生懸命上演していたのを覚えている。

しかし、大阪で上演するにあたり、
「トーマ」が1公演しか上演できなかったため、
エーリク&ユリスモール役のどちらか一方が
出演できない状況になっていた。
私は、当然経験者チームが大阪公演で
出演する事になるのだろうと思っていた。
しかし、東京公演と大阪公演の合間にあった、
団員全員を集めた会議の中で、
エーリクは私にユリスモールは山崎さんで行くということが発表され、
東京ではなかったMixチームで大阪に望む事になった。

          ↓校章バッヂ
e0103439_10455471.jpg


複雑なのは我々の心境だ。
山崎さんとピロ君がどれほどであったかはわからないが、
私と海司君はお互い相当苦労して、稽古を重ね、
やっとこさ上演させてもらえる、といった感覚だったので、
心の奥底で、とても深い結びつきを持っていた。
それが突然のカップル替えで、
私は稽古の最中から浮気現場をみられているような…、
海司君は海司君でジェラシーにも似た心境で
バッカスを演じていたそうだ。
未だに聞いてはいないが、
アンテになったピロ君も、色々思うところがあったろうなぁ。

で、ドラマシティでの上演。
五人組の「あ、エーリクだよ、バッカスと一緒だ…」という台詞で
登場するシーンの前、
とても広い舞台袖で、海司君と二人、きつくハグしたのを覚えている。
もう、なんか自然に…。
良い思い出と言いますか、なんと言いますか、
青春だね。

          ↓エーリクだよ
e0103439_10491617.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2014-07-16 10:55 | トーマの心臓

2014トーマ、ファイナル

「トーマの心臓」大阪公演、無事に終了し、
東京に帰ってきました。
トーマのファイナルにふさわしい、
本当に感動的なフィナーレとなりました。
自身も、これほど泣いた公演は他にありません。
本当に、代表が身をもってプロデュース
していったのではないだろうか?と思うほどです。
まことに心に残る公演となりました。

お花やお手紙、差し入れなど入れてくださった皆様、
いつもいつも、ありがとうございます。
そしてご観劇くださった全ての皆様、感謝申し上げます。
ありがとうございました。
e0103439_19421069.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2014-07-14 19:42 | トーマの心臓

大阪へ

いざ、大阪へ。
「トーマの心臓」ファイナル!
やってきまーす。

にしても、台風ぅうう。
弱まってくれぇぇえ。
こりゃ、大阪ついてもホテルや劇場で缶詰だな。
くっふぅ〜。
e0103439_8554347.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2014-07-09 08:55 | トーマの心臓

Past & Future の稽古

大阪で久しぶりに行われるファンクラブイベント、
Past & Future の稽古が行われた。
東京で行われたリーディングをリニューアルし、
さらにプラスαで楽しげなイベントになりそうだ。
さてさて、どんなことになるかな〜。
そちらの方もどうぞよろしく。
e0103439_2310549.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2014-07-08 23:14 | トーマの心臓

トーマ打ち上げ

原作者、萩尾先生主催「トーマの心臓」の打ち上げが、
都内某所で催される。
大阪公演に向けての決起大会といったところかな。
原作者の方が「全く原作通り!」と絶賛される作品づくりが
Studio Life、そして倉田演出の最大の武器なのだろうな。
我々も萩尾先生と長いおつきあいになって、
本当に良かった。
e0103439_10591810.jpg

それにしても、台風が近づいているな。
無事に公演できるだろうか?
[PR]
by midnight-maker | 2014-07-07 11:03 | トーマの心臓

思い出し稽古

大阪用の思い出し稽古が行われた。
旅手帳なんかも配られたりして、いよいよ大阪といった気分。
なになに〜、なんだか随分と忙しそうなスケジュールだ。
こりゃ、あまり遊んではいられそうにないな。
トーマをして、イベントして、帰る、みたいな感じになりそうだな。
e0103439_21545410.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2014-07-06 21:57 | トーマの心臓