<   2015年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

オオミズアオ

e0103439_20132162.jpg

写真の美しい蛾はオオミズアオ(大水青蛾)
ヤママユガ科の仲間で学名はartemis(アルテミス)
ギリシャ神話の月の女神にちなんでつけられている。
とにかく目を引く、とても美しい蛾なのだ。
ヤママユガの仲間ということなのだが、
私が過去に数度出会ったこの蛾は、いずれも大都会のど真ん中であった。
昼間、飛んでいてもキラッ、キラッっとまたたいてよく目立つ蛾なのだ。

そういえば以前、私が担当したデザインの仕事で、
とある箇所の色について担当者と話をしていたとき、
その担当の方は「ここの箇所は月の色で…」と話していたので、
私はこのオオミズアオの様なさわやかなライトグリーンをイメージしたが、
その担当者はアイボリーホワイトのような色をイメージしていたらしく、
話が噛み合なかった事があった。
口頭で色の話をするのはとても難しいと思った瞬間だった。
いずれにせよ私にとって月の色とはこのオオミズアオの様な
美しいライトグリーンなのさ。
[PR]
by midnight-maker | 2015-05-20 20:35 | おいけん昆虫記

スマホに変えないの?圧力

最近、ガラケをスマホに変えないの?といった周囲からの圧力が
高まっているように感じる。
自身が勝手にそう感じているのかもしれないが。

私は今まで、端末の調子が悪くなってきたのを契機に携帯を換えていた。
しかし今使っている端末はそれほどの不具合を感じられず、
しかも月々の料金が安いこともあって、
とくに買い替えを考えずに過ごしてきた。
とはいえ近頃は低価格なスマホのプランが登場したりしているので、
少し勉強する必要があるな、とも思っている。
さてさて。
e0103439_7302137.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2015-05-15 07:30 | つぶやき

エゾゼミ

e0103439_20393973.jpg

去年長野で撮影したエゾゼミ。
漢字で蝦夷蟬。蝦夷といっても北海道に多くいるわけではなく、
長野や山地の涼しい場所に多く住んでいる。
しかも南方系のセミで、クマゼミとも分類学的に近いのだ。
しっかし、このセミの背側のデザインはとても複雑だな。
マクドナルドのマークを反対にしたような模様も印象的だ。
[PR]
by midnight-maker | 2015-05-11 20:41 | おいけん昆虫記

ブロークンメガネ

うー、疲れが溜まっているな。
ちょっと、うたた寝。
眼鏡を外して、うつらうつら。
ZZZ…。

数分後。
う〜ん、そろそろ動きださなくては〜。
えっと、メガネ…メガネ…“ボク!(←鈍い音)”
は! 踏んづけた! め、めがね〜。
はぁ〜あ、直さなきゃ…。
うー、疲れる…。
人生ままならんのぉ〜。
e0103439_120349.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2015-05-10 12:02 | つぶやき

クロシタアオイラガ

e0103439_18481084.jpg

写真はクロシタアオイラガ(黒下青刺蛾)
小さいけどグリーン翅を持つ奇麗な蛾。
日本人は緑色の事をアオと言うのだな。
幼虫は刺蛾(イラガ)と名のある通り、毒針を持っている。
写真のこの子は、毛むくじゃらの前足を2本揃えて前に出してとまっている。
なんだか角が生えているようで不思議な印象。
この写真では見えていないが、目はくりくりした黒色で、
とまっていると、腹側から覗かないと見えない。
この黒い目がクロシタの名前の由来かなぁ。さて。
[PR]
by midnight-maker | 2015-05-07 19:07 | おいけん昆虫記

変な日焼け

最近、どんどん日差しが強くなり、
バイクに乗る際、グローブを外したりする。
すると手の甲だけ日焼けをする。
腕が白いのに手首から先が焼けているので、少しみっともなく思う。
なので先日、炎天下の中、腕まくりをしてバイクを走らせたら、
肘から先の腕の外側が赤く日焼けした。
だから今、私の腕は赤くヒリヒリと熱を持っている。あつつつつ。
そして、どう焼くにしても、あまりかっこいいものではなくなりつつある。
このままゆけば、いわゆる土方焼けになってしまうな。
そうそう、毎年、夏はこんな悩みを抱えながらバイクを走らせているのだ。ふう。
それにしても、日差しはもう夏だね。
e0103439_19111269.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2015-05-04 19:11 | つぶやき

ヨツボシホソバ

e0103439_18123787.jpg

写真は、ちょっと判りづらいがヨツボシホソバ(四星細羽)の雄。
メスは前翅が黄色く、左右それぞれの翅の中央に2つの黒い星が、
まるでプリントされているかのように浮かぶ。
だからヨツボシホソバ。
翅を閉じているとその星が重なり、3つのドットになる。
そのデザインはなんともお洒落。
ところが雄は写真の通り、
胸部から下はグレー一色で、まるで違う種類の蛾のようなのだ。
いずれにせよ、この蛾の名前はメスに重きを置いた名前なのだな。
私は雌を見た事がないので、いつか見てみたいな。
普通に見られる蛾という事だが…。
ヒトリガの仲間だ。
[PR]
by midnight-maker | 2015-05-01 18:29 | おいけん昆虫記