<   2015年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ツノアオカメムシ in 蓼科

e0103439_2045696.jpg

写真はツノアオカメムシ(角青亀虫)
山地の広葉樹に生息する、金属光沢のある美しいカメムシだ。
ピンぼけでちょっと分かりづらいのだが。
しかし撮影している時点では金属光沢があるのかどうかまでは、
分からなかったなぁ。
[PR]
by midnight-maker | 2015-06-29 20:16 | おいけん昆虫記

黴びる

梅雨真っ只中のこの時期は食品が腐りやすいなぁ。
パン焼き機で自ら作ったパンなど、
室内に置いておくとすぐに黴びてしまう。
早めに食べるか冷凍しないと。

ところで買ってきたパンは同じように室内に置いておいても、
それほど早くは黴びたりしない。
それはそれで良い事なのだが、
黴びないという事は、つまり防腐剤など、
別な意味で問題なのだろうなぁ。
e0103439_1550289.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2015-06-28 15:50 | つぶやき

ヨツスジハナカミキリ

e0103439_20311049.jpg

写真の虫は花に集るカミキリムシでヨツスジハナカミキリ。
身体は20mm程の小さなカミキリムシで髭もそれほど長くない。
前翅には確かに黄色い四つの帯が筋状の模様となっている。
以前紹介したトラカミキリ同様、蜂に擬態していて、
飛行する姿はまさに蜂だ。
この日のこの子は、その名前の通り、
写真の花の上を夢中になって駆けずり回っていたよ。
撮影、蓼科。
[PR]
by midnight-maker | 2015-06-24 20:38 | おいけん昆虫記

会報二号連続

最近、仕事の合間をみてはculb LIFEの会報をレイアウトしている。
しかも二号続けて。
なんといってもStudio Lifeは30周年だもんね。
さてさて、こつこつとレイアウトしているこの会報が、
早くculb LIFE会員の皆様のお手元に届くといいな。
e0103439_1011396.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2015-06-23 10:11 | つぶやき

木廻

e0103439_85924.jpg

写真の虫は木廻(キマワリ)。
ゴミムシダマシ科の甲虫で、成虫も幼虫も朽ち木を餌にする。
当然木の周りにいたり、見つけると木を回り込むように素早く身を隠すので木廻だ。
この種は黒色から緑真鍮色など地域によって色が異なるのだが、
写真のものは奇麗な緑真鍮色をしていて、とても奇麗。
ゴミムシダマシなどという
どうでもでもいいような名前で分類をされているのがもったいないくらいだ。
以前本ブログで紹介したアオオサムシにちょっと似ているな。
ポケットモンスターのキマワリとは同じ名前だが、もちろん全く違う。
[PR]
by midnight-maker | 2015-06-18 09:18 | おいけん昆虫記

地学好き

地震に噴火。
今、日本は様々な災害の危機に見舞われている。
そして地学好きの私にとっては興味深い事象でもある。
今後もまたどこかで何かが起きるのだろう。
いずれ、東京に大きな地震が来るのも確実なのだ。
備えなければ。
e0103439_156032.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2015-06-15 15:06 | つぶやき

麝香鳳蝶

e0103439_20365729.jpg

写真は麝香鳳蝶(ジャコウアゲハ)。
漢字で書くとなんとも仰々しい感じの蝶だ。
幼虫はウマノスズクサという植物を食べ、
その植物の毒素を体に取り込み、
それを成虫になってからも一生保持する。
だからジャコウアゲハを食べた捕食者は、
中毒をおこして吐き出してしまう。
そしてそれ以降、これを捕食しなくなるのだ。
というわけで、このジャコウアゲハに擬態して身をまもる虫も多い。
クロアゲハやオナガアゲハ、アゲハモドキなど。
この擬態をベーツ擬態という。
雄はお腹からジャコウのような匂いを発するのだが、
私は嗅いだ事がないので、一度嗅いでみたいものだ。
撮影は有栖川公園。
[PR]
by midnight-maker | 2015-06-02 20:51 | おいけん昆虫記

片付かない荷物

引っ越したはよいが、忙しくて荷物を片付ける暇がない。
未だに部屋中しっちゃかめっちゃかだ。
とほほ。
e0103439_1852080.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2015-06-01 18:52 | つぶやき