K、私の千穐楽

極上文學「Kの昇天 〜或はKの溺死〜」は現在も上演中だが、
私は昨日、一足早く千穐楽を迎えた。
この公演、ご観劇くださった皆様、まことにありがとうございました。
また、お花やお手紙、差し入れなど入れてくださった皆様、感謝いたします。
あまりに早い公演期間だったというのが正直な印象。
またいつかどこかでこのような美しい公演に出演できればと思う次第です。
とはいえ、この公演は続いていますので、
ネタバレ的な役の感想などはまた次回。
ひとまず今回はこのへんで。
e0103439_19413112.jpg

[PR]
by midnight-maker | 2013-12-01 19:40 | 極上文學
<< K千穐楽 Kの公演 >>