オオスカシバの幼虫

e0103439_14495867.jpg

この大きな青虫をみて「スズメガの仲間だな…」と解る私は、
本当に昆虫に詳しいなぁと思う。
具体的にはスズメガの仲間、オオスカシバという蛾の幼虫だ。
尻にアンテナの様に尖った部分があるが、それが、この種の蛾の幼虫の特徴だ。
クチナシの葉を食べるとな。
成虫は昼間、花の蜜を求めて機敏に飛び回る蛾で、
蜂と見紛う姿をしている。
しかし、この幼虫は大きいなぁ。
道ばたを堂々と歩いていた。
この手が苦手な方には失礼。
[PR]
by midnight-maker | 2014-09-24 15:13 | おいけん昆虫記
<< パキュラの背 ブタクサ? >>